松久 亜矢

松久 亜矢

Aya Matsuhisa / 松久 亜矢

新築営業部 愛知学院大学卒

INTERVIEW
インタビュー

現在の仕事内容

現在は、先輩社員から営業について、お客様との初回面談からお引渡しまでの流れや心構えを研修を通して学んでいます。
また森住建の新事業である、岐阜ハウジングギャラリー各務原展示場で展開中の、桧家住宅にてお客様へのお声がけを行っています。

学生時代には何をやっていましたか?

大学では、商業高校出身だったこともあり、会計学とマーケティングについて勉強しました。卒業論文では、広告として主流となりつつある
「ネット広告」について学びました。目まぐるしく変化していく、消費者の考え方、購買行動に最も早く対応していけるネット広告の凄さに
感銘を受けました。

どんな就職活動をしていましたか?

岐阜県で働きたい!という思いと、自分の持つ知識を活かしたいという思いから、
主に県内の金融機関や会計事務所に絞った就職活動を行っていました。しかし、森住建と出会い、「これまでに得た知識を活かす事が、必ずしも本当にやりたい事になるとは限らない」と考えるようになりました。
学生時代からアルバイト先でもお客様の笑顔や、店長や一緒に働くメンバーの笑顔を見て働けることが何よりも幸せでした。
選考を重ねていけばいくほど、社員のお客様への思い、社長の思いに感銘を受け、この会社でお客様のために、会社の為に働けることが、
自分のやりたい事だと感じ、入社を決めました。

学生さんへのメッセージをお願いいたします

やりたいことを仕事に出来る人は、数少ないと言われています。
私は、社会人になり仕事をしていく中で、その仕事をやりたい事や好きな事に変化していくこともある、と考えています。
私の決め手はこの人達について行きたいと思える人を見つけたこと、会社の考え方や価値観に感動した事です。
新卒の就職活動は人生に1度しかありません。心にビビッときた、ここしかないと感じたならば、全力で思いを伝えるべきです。そうすれば会社に自分の思いは届くと思います。やりたいことが見つけられない、仕事に対して前向きな気持ちになれない方は、ぜひ一度森住建に足を運んでみてください。きっと私達の会社と出会う事で皆さんにとってプラスになると思います。
※内容・社員の所属は取材当時のものです

このページを共有する