杉山 直道

杉山 直道

Naomichi Sugiyama / 杉山 直道

リノベーション事業部

INTERVIEW
インタビュー

現在の仕事内容

リフォーム営業としてお客様のご要望をお伺いし、住まいでお困りになっている事を解決しています。
お客様と出逢い、お話をしてお客様はどう変えたいのか、どう改善したいのかを見つけてご契約を頂き工事へと進みます。小規模の工事の現場管理も行っています。1日から1週間くらいの工事は管理もします。建築は1人の力では完成できません。職人さんと一丸となって仕事が出来るのは最後に達成感を感じます。工事が終わり最後に「ありがとう」「やってよかった」と言って頂ける時はやりがいを感じます。

学生時代には何をやっていましたか?

高校から建築を学んでおり、この頃からリノベーション設計を卒業設計を通してやっていました。建築デザインを専攻して学んでいました。こちらも今あるものをどう改善し、どうデザインするかをゼミの活動を通して実際に行ってきました。学生の頃から建築に携わり、ものづくりについて取り組んできました。ものづくりには最後に達成感を感じられるのは醍醐味だと思います。完成と達成感を感じられる素晴らしさを経験し、これからも達成感を感じられる仕事をしたいと思えました。

どんな就職活動をしていましたか?

僕はゼミ活動を中心としており想像しているような就職活動はしていません。森住建を含め3社と話を進めてました。複数ある面接を通して「何か違う」と感じていたが、森住建は「他と何かが違う」と感じ入社を決意しました。熱意を持った社員が多く、年齢の壁を感じないのか森住建の特徴だと思います。このアットホームな雰囲気が今でも良さだと感じます。

学生さんへのメッセージをお願いいたします

初めての事ばかりで不安な事が多いかと思います。でも森住建は違います。
就職活動から社員との距離がとても近く、会社の雰囲気や複数ある部署の特徴が理解できるのでやりたいことがいまいち決まっていない人でも何か目標が見つかると思います。そして新人教育に力を入れており、手厚くサポートをしてくれます。今度は僕がサポートをします。
※内容・社員の所属は取材当時のものです

このページを共有する